呉服の粹、都屋
HOME
ショーウインドウ
おすすめの逸品
+ 江戸小紋
+ 着物(フォーマル)
+ 着物(カジュアル)
+
+ 小物、長襦袢など
+ 男のきもの
お知らせ
着物の着付
江戸小紋とは
都屋について
お問い合わせ
飛騨の着物文化

有限会社 都屋呉服店
〒506-0844
高山市上一之町36番地
TEL:(0577)32-0132
FAX:(0577)34-9280
営業時間:午前9時〜午後6時
定休日:日曜日
>お問い合わせメール

お気軽にお問合せください。
0120-29-0132

飛騨の着物文化

「

きものエッセンス06◆お茶の装いについて◆

一般の方で一年を通してきものを着る機会が多いのはお茶の方だろう。

年に何度かのお茶会は必ず和装で行われており、呉服屋としてはありがたいことだ。


お茶の装いは無地に一つ紋のきものが欠かせない。


飛騨の女性は奥ゆかしいので、お客様の時でも割と控えめな装いが多いように感じる。


お茶席にもよるが、個人的にはもう少し派手な装いでもよいと思っている。


」

過去の掲載分リストに戻る


このページの一番上へ

Powered by Move48 Ltd.

このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
www.hidamiyakoya.com