呉服の粹、都屋
HOME
ショーウインドウ
おすすめの逸品
+ 江戸小紋
+ 着物(フォーマル)
+ 着物(カジュアル)
+
+ 小物、長襦袢など
+ 男のきもの
お知らせ
着物の着付
江戸小紋とは
都屋について
お問い合わせ
飛騨の着物文化

有限会社 都屋呉服店
〒506-0844
高山市上一之町36番地
TEL:(0577)32-0132
FAX:(0577)34-9280
営業時間:午前9時〜午後6時
定休日:日曜日
>お問い合わせメール

お気軽にお問合せください。
0120-29-0132

飛騨の着物文化

「

きものエッセンス04◆一つ身はいつまで?◆

子供が誕生し、お宮参りに行く時に羽織らせる着物を「一つ身」という。この一つ身はいつまで着られるか?


七五三で着る場合、既製品だと肩あげ、腰あげをして数えの三歳なら余裕があり、満三歳だとぎりぎり、七歳ではとうてい無理である。


女の子に三歳で着せる時に帯結びが大変であれば被布を着せるのもかわいらしい。



子供の誕生祝いの着物なので、一度でも多く着せていただきたい。


」

過去の掲載分リストに戻る


このページの一番上へ

Powered by Move48 Ltd.

このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
www.hidamiyakoya.com